• お知らせ, シワ, スキンケア

紫外線はしわ、老化の大敵!対策方法も紹介します

著者:
西日本初ほうれい線治療専門クリニック 
大阪Houreisen美容皮膚科院長
笹川新也 ドクター紹介はこちら

 

紫外線は適切な量を浴びることは健康に良い作用を及ぼすことはあります。

しかし実は、紫外線は光老化といって、しみ・しわ・たるみの原因となり、見た目を老けさせます。

日焼けがお肌に良くないことは身をもって感じている方もおられるのではないでしょうか。

ここでは紫外線が皮膚に及ぼす影響と、対策方法について解説します。

紫外線の効果

メリット

ビタミンDの合成

デメリット

組織にダメージを与える(皮膚や眼球など)、メラニンが増える、光老化をきたす

→シミ、シワ、たるみ、皮膚がんの原因となります。

紫外線の種類

実は紫外線には3つの種類があります。このうち、私たちの身体に降り注ぐのは2種類です。

UVA

UVAは皮膚にとって非常に重要な真皮層にダメージを与え、コラーゲン・エラスチンを変性させます。

皮膚の弾力が低下し、肌のハリ・ツヤが低下します。

更には線維芽細胞というコラーゲンやエラスチンを産生する細胞まで障害され、コラーゲン・エラスチンの量・質ともに低下します。

これが、しわやたるみの原因になるます。

UVB

UVB紫外線は、UVAより皮膚の浅い層(表皮)を速やかに皮膚を障害します。

日焼け後に皮膚が赤くなったり(紅斑)、水ぶくれ(水疱)ができるのはこちらの紫外線が原因です。
⇒サンバーンと言い、火傷と同じ現象です。

また、皮膚のメラノサイトという、メラニンを産生する細胞を活性化させ、皮膚が黒くなります。
⇒サンタンと言います。

UVBは主にしみ・そばかすの原因になります。

UVC

UVCは殺菌作用がありますが、細胞障害作用が非常に強く、危険な紫外線ですが、大気中のオゾン層で吸収されるので、我々の皮膚には届きません。

紫外線対策

遮光

室内ではなるべく直射日光を浴びないよう、UV効果のある遮光カーテンを使用します。

日中外出する際は日焼け対策グッズも使います。

日傘、長袖の服、帽子、サングラスなどです。

欠点としては、荷物が増えることと、皮膚を日光に晒さないようにする長袖の服は夏場熱くなり、熱中症のリスクが増えることです。長袖の服を着用する際は水分をしっかり補給するようにしましょう。

日光は健康に良い

日光に含まれる紫外線は皮膚にとって強敵ですが、日光による明るさ(可視光線)は自律神経を正し、セロトニンを分泌し、鬱を改善させます。

また、メラトニンの分泌を促進し、快眠しやすくなり、睡眠時に成長ホルモンが分泌されることで皮膚ダメージの修復するため、美容面でも良いです。

朝の日光は特に健康に良いとされていて、起床後、UVクリームを塗った後は、多少の日光に浴びることは良いと思います。

日焼け止め剤の使用(サンスクリーン)

皮膚に塗るタイプが一般的ですが、最近では飲む日焼け止めもあります。

片方だけでは不十分なことが多いので、併用がお勧めです。

塗る日焼け止め

ローションタイプ、乳液タイプ、ジェル、スプレーなど色々な種類があります。

SPF値とPA値を参考に、こまめに塗り直せるかという使用感も重要です。

飲む日焼け止め

日焼けする1時間前くらいに内服し、4時間程度紫外線対策効果が出ます。

屋外スポーツの際にオススメです。

SPF値とPA値について

SPF値

SPF値はUVB値に対する防御機能の指標です。

2~50+までありますが、数値が高いほど効果が高いことを示しています。

数値の意味としては、「塗らない場合と比べて、何倍の量の紫外線を防御できるか」という意味です。

PA値

PA値はUVA値に対する防御機能の指標です。

PA+
PA++
PA+++
PA++++

と4段階あり、+が増えれば増えるほどUVAの防御効果が高いということになります。

SPF値とPA値が高ければいいと言うものでもない

値が高いものは皮膚への負担も大きかったりするので、日差しの強さやシーンに応じて使い分けを行います。

日常生活、散歩程度であればSPF15,PA++  軽いスポーツ,屋外行楽でSPF30,PA+++ 炎天下のスポーツ、屋外行楽でPA++++といった具合です。

重要なのは後述する通り、こまめに塗り直すことです。

日焼け止めは厚めに塗る 塗り直しが重要

日焼け止め薬は時間とともに効果が切れるので、塗り直すことが重要です。

一般的に多くの人が塗る量では、量が少ない事が多く、書かれているSPF,PA値通りの効果は出せません

なので、厚く塗ること、数時間おきに塗る直すことが大事です。

身体の日光への抵抗力を強める方法

紫外線を浴びると、肌が荒れますが、それをいかに早く修復するかということも大事です。

それはビタミンを摂取することです。

特にビタミンB群、C、Eが重要です。

ビタミンCは荒れた皮膚を修復し、メラニン増加を予防します。

まとめ

紫外線の影響は美容面で大きく、しみ・しわ・たるみの原因となり、見た目年齢に影響します。

老けないためには、しっかりと紫外線対策をすることがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加