• お知らせ, ボトックス

妊娠中のボトックスは禁忌!施術した後いつ妊娠していいの?

著者:
西日本初ほうれい線治療専門クリニック 
大阪Houreisen美容皮膚科院長
ボトックスビスタ注入認定医師 
笹川新也 ドクター紹介はこちら

 

ボトックス治療(ボツリヌストキシン,A型BTX)は全国の美容クリニックで行われている施術ですが、ボトックスを受けた後一定の期間は避妊をすることが勧められています。

クリニックによって基準は違ったりもします。

ここではどれぐらいの間期間を空ければ妊娠いいのか?について、当院で使用しているボトックスを元にご説明致します。

出典 アラガン社:ボトックスビスタ添付文章

ボトックスによる胎児への影響の報告

動物

器官形成期の妊娠しているラット・マウスを使った動物実験では、ボトックスを4単位/kg以上で投与した場合、胎児の体重減少、骨化数の減少といった影響があったようです。

特にウサギは重症化しやすく、生殖毒性、流産、胎児奇形、致死に至るまでの報告があります。

人間

人間については、倫理的観点からボトックスが妊婦・胎児に安全かという検証実験はできません。

ただし、海外では妊娠初期に大量のボトックス(500単位)を注入された妊婦の胎児が死亡したという報告や、250単位注入された24人の妊婦の内、2人で自然流産が見られたということです。

幸いにも出産された児に関しては、合併症はありませんでした。

ボトックスを避けるべき期間

妊娠の可能性のある男女

女性

投与中及び最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する。

男性

投与中及び最終投与後少なくとも3ヵ月は避妊する。

 

実は男性でも施術を受けたら間隔を空ける必要があります。

これは、精子に影響が及ぶのを避けるためです。

妊娠中

妊娠中は胎児への影響を考え、投与ができません。

授乳中

授乳中も胎児への影響を考え、投与ができません。

まとめ

理論的にはボトックスの分子量が15万ほどと、とても大きく、その大きさから胎盤を通過することができないので、胎児に届かないとされており、妊娠中に誤ってボトックスを注入された方でも問題なく出産された方が多くいます。

ただし、ボトックスは倫理的観点からボトックスが人間の妊婦・胎児に安全かという検証実験はできません。
一方で、動物実験レベルでは、胎児に悪影響を及ぼしていることから、胎児に万が一のことが起こった場合のことを考え、添付文章に従い、ボトックスを避ける時期は避けた方が良いでしょう。

ボトックスについての記事

たった1分で3,4ヶ月持続!ボトックスの効果は?どこに打てる?

ボトックス注入療法の副作用・リスクについて

ほうれい線はボトックス注射で改善する?しない?

ボトックスでニキビが改善する?!

ボトックス施術でシワだけでなく、毛穴も改善させる治療方法

ボトックスは熱に弱い 施術後控えること4選

ボトックス施術後にマッサージをしてはいけない理由は?

ボトックスを打ってはいけない人-禁忌について-

ボトックスで瞼が下がるって本当?予防・治療方法は?

ボトックスで多汗症治療が可能。汗を減らして快適な生活を!

妊娠中のボトックスは禁忌!施術した後いつ妊娠していいの?

ボトックスの致死量について

ボトックスを打ち続けると耐性がついて効きにくくなる?抗体について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加