• グロースファクター

1回10分の注射で長期間効果が持続!グロースファクター治療とは?

著者:西日本初ほうれい線治療専門クリニック 
大阪Houreisen美容皮膚科 
院長 笹川新也 ドクター紹介はこちら

 

当院では「グロースファクター」をほうれい線に注入して、ほうれい線で悩んでいる人のコンプレックス改善を日々行っております。

ほうれい線治療には世の中に様々な方法があるため、「何を受けたら良いのか分からない」となっても仕方ありません。

エステ・スキンケア・美容皮膚科の領域だと、定期的に繰り返し受ける必要があり、結果手間・時間・お金がかかるものであったり、美容外科の領域だと、持続期間が長くてもリスク・ダウンタイムの面からお気軽に受けられるものではなく、一長一短です。

貴方はほうれい線治療をしたいと思った時、何を優先しますか?

当院で行っているグロースファクター治療の特徴としては、数あるほうれい治療の中でも安全性が高く、お手軽な治療でありながら、他院のグロースファクター治療と異なり、1回の治療で効果が感じやすい、持続時間が長い・仕上がりが自然であることが特徴です。

お手軽で痛みが少なく、ダウンタイムも短いので、美容医療初心者の方も受けやすい治療です。

長期スパンで見ると、他の治療に比べてコストパフォーマンスが優れています。

ここでは、当院で受けられる方がとても多いグロースファクター治療について効果、注意事項など詳しく解説いたします。

グロースファクターとは?

そもそもグロースファクターとは何でしょうか?

実は、グロースファクターは元々体内で作られれているたんぱく質です。

グロースファクターは、一般的には成人に差し掛かったあたりから急激に減少し、その後年齢を経るにつれてますます減少していきます。

グロースファクター注入が何故ほうれい線治療に使えるのでしょうか?

 

皮膚

皮膚の内側に真皮という層があります。

肌のハリやツヤ、弾力感を出す機能があります。

真皮組織の本体はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった美肌成分です。

 

そして、これらの工場が線維芽細胞という細胞です。

加齢・紫外線・乾燥で真皮がダメージを受けるとコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸もダメージを受けます。

線維芽細胞は新しいコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生産し修復しようと努めます。

ただ線維芽細胞そのものもダメージを受けて劣化していくため、うまく機能しなくなっていきます。

そうすると肌の老化が進み、シワ・たるみが進行し、ほうれい線が目立っていきます。

グロースファクター治療を行うと、この線維芽細胞という細胞が活性化・増加します。

そうすると、ハリやツヤ、弾力感を出す源であるコラーゲンを新たに生産・増殖してくれるので、ほうれい線が改善するのです。

皮膚のターンオーバーも促進させ、皮膚の再生能力が向上します。

グロースファクター治療の効果

グロースファクターの実際の効果をご紹介致します。

実際に当院でグロースファクター治療を受けられた方の一部の症例写真をお見せ致します。

若年層のほうれい線

加齢とともにくっきりしてくるほうれい線

たるみが進行したほうれい線

男性のほうれい線

このように、グロースファクターは基本的にどのようなタイプのほうれい線でも対応しています。

ほうれい線がまだ薄くても、進行している場合でも、年齢・性別問わず改善することが可能です。

他にもたくさん症例写真があるので、興味がございましたら、ご覧ください。

当院のグロースファクター治療のメリット

効果が長期間持続する

1回の施術で少なくとも数年以上効果があります。

グロースファクター自体は半年ほどで消失しますが、グロースファクターによって大幅に増えたコラーゲンがその後も長期間にわたって効果を出し続けます。

10年単位で見れば、自然老化の影響がありますが、グロースファクターにはしわの予防効果があるので、グロースファクターを受けるのと受けないのとでは10年後が違います。

よくあるご質問:貴院のグロースファクターは他院のグロースファクターに比べてなぜ持続期間が長いのですか?

定期的な通院は不要

しわが深い方は複数回注入を行うこともありますが、基本的には1の注入で効果を実感できる方がほとんどです。

1回の治療でここまで効果が実感できるグロースファクター治療を行っているクリニックは極めて稀です。

よくあるご質問:1回の治療で本当に効果が出てくるのですか?

経済的

少ない治療回数で長期間効果が持続するため、他のほうれい線治療と比べてとても経済的になります。

例えば10年単位で見ると、あくまで目安ですが、何十万~百万円単位で差が出てきます。

参考:ほうれい線治療にかかる治療費について

治療内容 10年間の費用
グロースファクター 18万円(1度追加注入したとしても27万円)
ハイフ(HIFU) 60万円(頻度を増やすと更に金額アップ)
ヒアルロン酸 70万円(頻度・量を増やすと更に金額アップ)
糸(スレッド)リフト 100万円(糸の種類をアップグレード、糸の本数を増やすと更に金額アップ)

ダウンタイムがほとんどない

施術後も普通に日常生活を送ることができます。

腫れ・内出血はあまり出ませんが、もし内出血が出てもメイクで隠すことができます。
なお、メイクは1時間後より可能です。

下記の写真は実際にグロースファクターを受けられた方の翌日の状態です。


ほんのりと赤い程度です。


赤みすらわかりません。

安全性が高い

安全性が高く、お手軽に受けられます。

グロースファクターは本来私たちの身体で作られて、皮膚を若く維持するために働いているような成分です。

グロースファクター注入することでアレルギーが出たり、「変な見た目になった」という報告は当院では皆無です。

異物を注入して、シワを膨らませて誤魔化すというようなものでもありません。

グロースファクターを受けたことで、例えばプラセンタを受けること献血ができなくなったりするように、後世において何か制限事項がかかることもありません。

手術でもないので、身体への負荷も軽いです。

よくあるご質問:グロースファクターは安全ですか?

アンチエイジング効果がある

グロースファクターによって作られたコラーゲンは肌のハリ・ツヤをもたらし肌質改善効果があります。

増えたコラーゲンがしわ・たるみが発生する速度を低下させます。

グロースファクターを注入した部位は今後の老化予防になりますので、施術しておくことで、10年後の状態は施術をしておくのとしておかないのとでは違います。

ほうれい線に対する根本的な治療法

ほうれい線の原因として、皮膚のコラーゲン低下は多くの人に見られます。

それに対し、グロースファクターは皮膚の再生能力を向上させ、皮膚のコラーゲンを取り戻すことができます。

皮膚そのものを若返らせることができるというのは、ある意味根本的なしわ治療となります。

そのため、ほうれい線治療の中でも、特に持続期間が長い治療となります。

グロースファクターの治療のデメリット

効果に即効性はない

グロースファクターにはヒアルロン酸と違って即効性はなく、徐々に効果が出る治療です。

治療直後は注入した水分により、腫れ・むくみ(浮腫み)が生じ、ほうれい線が薄くなりますが、一旦腫れ・むくみが落ちついてボリュームダウンしたように見えます。

早い方でおよそ1週間後から治療効果を実感します。

その後も少しずつ見た目の若返り効果が出てきます。

1ヶ月でここまで効果を出すこともできます。

40代女性ほうれい線1か月後


※筆者の姉です

 

最終的には6か月かけて馴染んできます。

ほうれい線上のシミ・くすみは改善しない

グロースファクターはシワ/小じわには強いですが、シミ・くすみには効果が乏しいです。

来院後の流れ・所要時間

①まずはじっくり丁寧に診察・カウンセリングを行います

②施術部位の写真撮影をします

※後に治療効果を確認する場合に見るもので、第三者に見せるものではありません。

③注入部位に麻酔クリームを塗布し、十分に麻酔を効かせます

④麻酔が効いていることを確認した後、薬剤を注入します

⑤しっかり圧迫止血を行い、内出血の予防を行います

ご帰宅となります、お疲れ様でした。

来院から帰院までの所要時間は、カウンセリングのみで40分~1時間、施術も込みで2時間程度となります(目安)。

当院のグロースファクターと他院のグロースファクターの違い

他院でもグロースファクター/グロスファクター/成長因子/Growthfactorという名前でしわの治療が行われていますが、1回あたりのグロースファクターの濃度・注入量を減らし、何度も通院して繰り返し打つことになるところが多いと思います。

また、しこりが生じている報告もあります。

しかし、グロースファクターでも当院のグロースファクターは独自のもので、治療方法をブラッシュアップしており、薬剤の考え抜かれた最適な濃度、配合方法、注入方法にて行うことによりそのリスクを最小限に軽減しつつ1回で効果を実感できるよう工夫しております。

これまで身内にも行っている治療ですが、安全に行っております。

ほうれい線でお悩みがある方は是非当院の門を叩いてください。

グロースファクター治療の料金

ほうれい線グロースファクター治療

180,000円(税込) ※両側での料金、麻酔代込。他に費用は一切かかりません。

他のほうれい線治療と比較すると、当院のグロースファクター治療は少ない治療回数で持続期間が長いため、とても経済的です。

参考:ほうれい線治療にかかる治療費について

 

⇒現在、期間限定で施術代金が20%オフ(税込144,000円)で、お得に施術が受けられるモニターキャンペーンを実施中です。

 

FAQ

1回の治療で本当に効果が出てくるのですか?

グロースファクターの持続期間はどれくらいですか?

貴院のグロースファクターは他院のグロースファクターに比べてなぜ持続期間が長いのですか?

『皮膚のコラーゲンを増やす』とありますが、不安点として想定以上に増えてしまうことはないのでしょうか?
万一そうなってしまった時の処置方法が気になるのですが、教えていただけますか?

鼻横の窪みが気になっています。グロースファクターで改善しますか?

シミ取りを考えていますが、グロースファクターは受けられますか?

ほうれい線はまだ薄いのですが、グロースファクターの効果はありますか?

グロースファクター注射後、HIFU(ハイフ)はいつからできますか?

グロースファクターと肌再生幹細胞治療とで迷っていますが、どちらが良いですか?

頬こけの治療にグロースファクターはされないのですか?

マリオネットラインにもグロースファクター注入可能ですか?

グロースファクター治療で、ほとんど効果が無かった、結局1回では効果が出ず数回通うことになった、などの可能性もありますか?

グロースファクターとヒアルロン酸どちらの方が良いですか?

グロースファクターをしようか迷っているのですがするにあたってのリスク等を教えていただきたいです。

グロースファクターは牛や人から採取したものなのでしょうか?

グロースファクターは安全ですか?

グロースファクターで痛みはありますか?

ヒアルロン酸を受けた経験がありますが、グロースファクターの施術は可能ですか?

ヒアルロニダーゼを注入すればすぐにグロースファクターを受けられますか?

グロースファクター治療後は何に気を付ければいいですか?

グロースファクター治療を受けることでしこりが出るリスクがあると聞いたのですが、本当ですか?

治療後に他のクリニック・エステでレーザーなど美容施術をしてもいいですか?

ウルセラ(HIFU)かグロースファクターどっちが効果がありますか?

関連リンク

ほうれい線について

ほうれい線の総合ページ(ほうれい線の改善方法)
ほうれい線の原因について
ほうれい線の予防法・セルフケア
ほうれい線の種類
ほうれい線にファンデーションがたまる場合について
深いほうれい線について
ほうれい線が何歳から気になるか?
男性のほうれい線について
鼻横のほうれい線のくぼみ
ほうれい線のえくぼについて
笑顔の時にできるほうれい線について
暗い場所・鏡で目立つほうれい線
ほうれい線の左右差について
20代の方向けのほうれい線対策
30代の方向けのほうれい線対策
40代の方向けのほうれい線対策
50代の方向けのほうれい線対策
ほうれい線治療にかかる治療費について
ほうれい線に効果のある食事について

グロースファクターについて

10分の注射で長期間効果が持続!グロースファクターとは?
何が違うの?ヒアルロン酸とグロースファクター
グロースファクター注入療法の危険性・リスク
ほうれい線グロースファクター注射後の過ごし方・注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加