• グロースファクター

1回10分の注射で長期間効果が持続!グロースファクター治療とは?

著者:西日本初ほうれい線治療専門クリニック 
大阪Houreisen美容皮膚科 
院長 笹川新也 ドクター紹介はこちら

 

ほうれい線治療をしたいと思った時、何を優先しますか?

コスト、効果、持続期間、安全性、ダウンタイム…

ほうれい線治療には世の中に様々な方法があります。

一見安くてお手軽でも、何回も定期的に繰り返し受ける必要があり、結果コストがかかるものから、一見持続期間が長そうでもリスクが高かったりと、一長一短です。

そんな中、当院でほうれい線治療を希望される方にオススメしているグロースファクターについて解説いたします。

グロースファクターとは

グロースファクターとは元々皮膚にあるたんぱく質です。

グロースファクター注入が何故ほうれい線治療に使えるのでしょうか?

皮膚

皮膚の内側に真皮という層があります。

肌のハリやツヤ、弾力感を出す機能があります。

その本体はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった成分です。

 

そして、これらの工場が線維芽細胞という細胞です。

加齢・紫外線・乾燥で真皮がダメージを受けるとコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸もダメージを受けます。

線維芽細胞は新しいコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生産し修復しようと努めます。

ただ線維芽細胞そのものもダメージを受けて劣化していくため、うまく機能しなくなっていきます。

そうすると肌の劣化が進み、ほうれい線が目立っていきます。

 

グロースファクター治療を行うと、この線維芽細胞という細胞が活性化・増加します。

そしてハリやツヤ、弾力感を出す源であるコラーゲンを新たに生産・増殖してくれるので、肌が再生し、ほうれい線が改善するのです。

 

グロースファクター治療のメリット

効果が長期間持続する

1度の注入で長期年単位の効果があります。

グロースファクター自体は半年ほどで消失しますが、グロースファクターによって大幅に増えたコラーゲンがその後も長期間にわたって効果を出し続けます。

10年単位で見れば、自然老化の影響がありますが、グロースファクターには後述する通り、しわの予防効果があるので、グロースファクターを受けるのと受けないのとでは10年後が違います。

定期的な通院は不要

しわが深い方は2回注入を行うこともありますが、基本的には1回の注入で効果を実感できる方がほとんどです。

ダウンタイムがほとんどない

腫れ、内出血が出にくいです。
仮に出たとしても必ず治ります。

ただし、個人差はあります。
血が出やすい方・止まりにくい方では、内出血が出やすくなります。

もし、内出血が出てもメイクで隠すことができます。
メイクは1時間後より可能です。

下記の写真は実際にグロースファクターを受けられた方の翌日の状態です。
ダウンタイムがほとんどないことがお分かり頂けるかと思います。


ほんのりと赤い程度です。


赤みすらわかりません。

安全性が高い

グロースファクター自体元々私たちの身体に存在している成分です。アレルギーが出る恐れはほぼありません。

アンチエイジング効果がある

グロースファクターによって作られたコラーゲンは肌のハリ・ツヤをもたらし肌質改善効果があります。

増えたコラーゲンがしわ・たるみが発生する速度を低下させます。

グロースファクターを注入した部位は今後の老化予防になりますので、施術しておくと10年後が違います。

ほうれい線に対する根本的な治療法

皮膚そのものを若返らせることができるというのは、ある意味根本的なしわ治療となります。

異物を注入してシワを膨らませるようなものではありません。

そのため、持続期間が長いです。

グロースファクターの治療のデメリット

効果を感じるまでは時間がかかります。

グロースファクターには即効性はなく、徐々に効果が出る治療です。

見た目の若返りはおよそ6か月かけて起きます

といっても、1ヶ月でここまで効果を出すこともできます。

40代女性ほうれい線1か月後


※筆者の姉です

凹凸を生じる可能性

効果が出ている部分、出ていない部分で差が出るということが生じる可能性があります。

ただし、液体という薬剤の性質上、ヒアルロン酸や脂肪注入よりもそのリスクは少ないです。

また、当院独自の薬剤配合・注入設定と数多の注入経験で培った技術によってそのデメリットをカバーしております。

 

他にも詳しくまとめた記事があります。是非ご参考にしてください。

グロースファクターの危険性・リスクについて

来院後の流れ・所要時間

①まずはじっくり丁寧に診察・カウンセリングを行います

②施術部位の写真撮影をします

※後に治療効果を確認する場合に見るもので、第三者に見せるものではありません。

③注入部位に麻酔クリームを塗布し、十分に麻酔を効かせます

④麻酔が効いていることを確認した後、薬剤を注入します

⑤しっかり圧迫止血を行い、内出血の予防を行います

ご帰宅となります、お疲れ様でした。

来院から帰院までの所要時間は、カウンセリングのみで40分~1時間、施術も込みで2時間程度となります(目安)。

当院のグロースファクターと他院のグロースファクターの違い

他院でも「グロースファクター」という名前でしわの治療が行われていますが、1回あたりの濃度・注入量を減らし、何度も通院して繰り返し打つことになるところがほとんどだと思います。

薬剤が効いているところ、効いていないところで凹凸が生じる・膨らみすぎる等のリスクを減らすためにはそのやり方も理にかなっています。

ただ、グロースファクターでも当院のグロースファクターは独自のもので、薬剤の考え抜かれた最適な濃度、配合方法、注入方法にて行うことによりそのリスクを最小限に軽減しつつ1回で効果を実感できるよう工夫しております。

これまで身内にも行っている治療ですが、安全に行っております。

ほうれい線でお悩みがある方は是非当院の門を叩いてください。

 

FAQ

Qグロースファクターは安全ですか?

A安全です。ボトックスやヒアルロン酸と違って聞きなれないかもしれませんが、グロースファクターは元々皮膚に存在する成分です。

身内にも行っております。

 

Q痛みはありますか?

A極力痛みには配慮して施術を行っておりますので、大した痛みはありません。

注射の前には麻酔クリームをしっかりと塗布し、麻酔が十分効くまで待ちます。

さらに注射予定部位をしっかりと冷やしてから注射を行います。

また注射に使う針も痛みが少ない細い針を採用しております。

 

Q1回の治療で本当に効果が出てくるのですか?

Aはい。ほうれい線が深い方やより効果を実感したい場合は2回治療を受けていただく方もいらっしゃいます。尚、2回目以降の注入は値段は半額で受けていただけます。

 

Q効果はどれくらい持続するのですか?

A年単位で効果は持続します。当然、紫外線を浴びた、皮膚が老化したなどの加齢性変化はありますが、グロースファクター注入をしなかった場合と比べると老化速度が遅くなります。グロースファクターにはアンチエイジング効果があります。

 

Qほうれい線にヒアルロン酸が入っているのですが、グロースファクターを受けられますか?

Aヒアルロン酸がない状態で受けたほうが良いです。ヒアルロン酸が自然に吸収されるのを待つか、ヒアルロ二ダーゼというヒアルロン酸分解酵素を注入することで溶解することもできます。

当院でも溶解可能ですが、できればヒアルロン酸を注入したクリニック・担当医で溶かしてもらうことが望ましいです。

しっかりと溶解するために重要な情報は、どの製剤を、どの部位に、どのような注入方法で、どのぐらいの深さで、どのぐらいの量を注入したかなのですが、一番理解しているのは注入した担当医だからです。

 

Qヒアルロニダーゼを注入すればすぐにグロースファクターを受けられますか?

A時間を空けていただく必要があります。注射後、通常は48時間あれば作用してヒアルロン酸は溶解されますが、ヒアルロ二ダーゼ注射による内出血や腫れが出る可能性があるためです。できれば1週間程は経ってからの方がいいです。

グロースファクター注射はなるべく腫れが出ていない状態で行った方が仕上がりがきれいになります。

Q治療後に他のクリニック・エステでレーザーなど美容施術をしてもいいですか?

Aほうれい線へのグロースファクター治療を行った場合、ほうれい線に関しては1か月は美容施術は避けて下さい(マッサージ含む)。グロースファクターの効果が落ちる可能性があるためです。尚、ほうれい線へのヒアルロン酸注入に関しては半年は開けてください。

ほうれい線以外の部位は治療直後から他の美容施術をしていただいても構いません。

Q治療後は何に気を付ければいいですか?

A治療当日は激しい運動、多量飲酒、治療部位をマッサージすることは避けたほうがいいです。血行が良くなることで内出血や腫れが出やすくなるためです。治療効果が落ちてします可能性もあります。

可能であれば3日間は何回も大きく笑ったり長時間しゃべるなど、ほうれい線付近を大きく動かす動作は避けた方がいいです。理由としてはグロースファクター注射直後は水分の状態なので、直後に表情を動かしすぎると水分が逃げてしまい、せっかく注入したグロースファクターの効果が落ちることがあるためです。

施術後にお酒、運動、湯舟に浸かるような入浴等で身体が温まったり血行が良くなると内出血が出やすくなります。咳をしたり、力んだりることでも出やすくなります。

特に施術後24時間はお気を付けください。

関連リンク

ほうれい線について

ほうれい線の総合ページ(ほうれい線の改善方法)
ほうれい線の原因について
ほうれい線の予防法・セルフケア
ほうれい線の種類
ほうれい線にファンデーションがたまる場合について
深いほうれい線について
ほうれい線が何歳から気になるか?
男性のほうれい線について
鼻横のほうれい線のくぼみ
ほうれい線のえくぼについて
笑顔の時にできるほうれい線について
暗い場所・鏡で目立つほうれい線
ほうれい線の左右差について
20代の方向けのほうれい線対策
30代の方向けのほうれい線対策
40代の方向けのほうれい線対策
50代の方向けのほうれい線対策
ほうれい線治療にかかる治療費について
ほうれい線に効果のある食事について

グロースファクターについて

10分の注射で長期間効果が持続!グロースファクターとは?
何が違うの?ヒアルロン酸とグロースファクター
グロースファクター注入療法の危険性・リスク
ほうれい線グロースファクター注射後の過ごし方・注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加