• ほうれい線

30代で目立つほうれい線の原因と対処方法

著者:西日本初ほうれい線治療専門クリニック 
大阪Houreisen美容皮膚科
院長
笹川新也 ドクター紹介はこちら

 

30代は、女性であれば出産や子育てなどでライフスタイルが変化することもあり、お肌の変化を感じやすい年齢でもあります。

また、男女問わず社会人として経験も積み、仕事でも後輩ができるなど、ますます忙しくなる年代です。

そんなとき、ふと鏡に映った自分の顔や、ZOOM会議で映る自分の顔を見て「老けたな…」と思ったら、それはほうれい線のせいかもしれません。

20代と違い、30代は徐々に「老化」というものを実感し始める時期でもあったりします。

事実、しわが目立ちやすくなってくる年代です。

そこで今回は、30代のほうれい線の特徴と、治療方法について、実例を交えてご紹介します。

30代でほうれい線が目立つ原因

ほうれい線が目立つようになる原因はいろいろあり、さらにそれらが複雑に関わって進行していきます。

進行する原因についての詳しい解説は、「ほうれい線の原因について」の記事をご覧ください。

皮膚のコラーゲンの低下

30代になってコラーゲンやエラスチンが減少し、肌の弾力が落ちると、ほうれい線が目立ちやすくなります。

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンは美肌には欠かせない成分で、皮膚の本体ともいわれています。

これらの成分を作りだす線維芽細胞は、年齢を重ねるごとに機能が低下していきます。

さらに紫外線、乾燥、生活習慣によって、これらの成分はダメージを負い、量が年々減少してしまいます。

コラーゲンが減ると、お肌からは弾力性に乏しくなり、ハリやツヤが失われ、ほうれい線をはじめとしたシワやたるみへとつながってしまいます。

「20代の頃はほうれい線が気になることなんてなかったのに…」や「元々あったほうれい線がさらにひどくなっている…」など、30代になってお肌の老化を感じる方は非常に多くいらっしゃいます。

20代の頃からほうれい線が目立ちやすかった方ほど、年齢を重ね、コラーゲンが低下することでさらにほうれい線が目立つようになります。

頬の厚み

頬の脂肪量・筋肉量が元々多く、ふっくらしていると、高低差ができるため、ほうれい線上に影が差すことでほうれい線が深く見えます。

こういうパターンではほうれい線の下半分にはシワはないことが多いです。

鼻横の窪みが目立つことが多いです。

骨格

20代の時から「ほうれい線が目立つ」という方は、遺伝的な骨格の問題だったりすることが多いです。

頬骨が出ていると、頬の厚みがそれほどないのに、頬の厚みが目立つようになります。

30代のほうれい線への対策方法

グロースファクター

グロースファクターとは皮膚を支える重要な組織である「コラーゲン」を増やす治療です。

コラーゲンが増えると、しわが改善します。

肌にハリ・ツヤが出てきて、皮膚の弾力性が増すので見た目が若返ります。

一度の注入で年単位の効果があります。

もちろん10年単位でみれば、加齢や紫外線の影響などで多少の老化の進行はありますが、皮膚のコラーゲンを大幅に増やすことで、老化速度も低下できるので、10年後でも何もしない場合と比較して治療効果があります。

ほうれい線治療の中でも安全性がかなり高い治療で、ダウンタイムはほとんどありません。

腫れ、内出血が直後に出るくらいです。

ただし、即効性はなく、3-6か月かけてじわじわと効果を発揮していきます。

症例① 30代女性

まだ経度のほうれい線ですが、グロースファクター治療を行うと、皮膚のコラーゲンが増して、ほうれい線が目立っていなかった頃の状態に戻すことができます。

症例② 30代女性

小鼻から口角付近までくっきりと線が出ているような中等度以上のほうれい線も、グロースファクター治療を行うことで線を薄く目立たなくさせることができます。

 

どの程度の症状でも治療の効果を出すことができます。

ほうれい線があるのとないのでは、見た目年齢がかなり変わるので、ほうれい線は見た目の印象を左右する重要なパーツだといえるでしょう。

ヒアルロン酸

即効性があり、注入直後から効果を感じることができます。

ダウンタイムも少ないですが、注射の特性上腫れ・内出血・痛みがあります。

重篤なリスクに血流障害、アレルギー、感染が挙げられます。

私たちの身体の中に備わっているヒアルロ二ダーゼという酵素により分解、減少していくため、定期的な注入が必要です。

持続期間は数か月~2年ほどです。

スレッドリフト(糸リフト)

コグという棘付きの糸を挿入することで頬のお肉を引き上げ、たるみを改善することでほうれい線を改善させます。

持続時間は糸の種類よって異なりますが、共通することは挿入直後が一番効果があり、徐々に効果が落ちていくということです。

メスを使わなくても施術可能で、腫れ・内出血といったダウンタイムは意外と少ないですが、肌の陥凹、引きつれ、顔面神経損傷、耳下腺損傷といったリスクがあります。

施術の際にやや痛みが生じます(麻酔を行うことで最小限に軽減します)

フェイスラインは引き上げ効果が得られやすいですいが、フェイスラインに比べてほうれい線はスレッドリフトでのリフトアップが難しい部位ですので、ほうれい線はフェイスラインほど引きあがりません。

レーザー治療(HIFU、サーマクールなど)

皮膚、脂肪、筋肉にレーザーで熱エネルギーを加えて炎症反応を起こすことで、顔を引き締めてコラーゲンを増やすことができます。

たるみを改善する効果があります。

しかし効果が2週間-6か月ほどで消失するため定期的な通院が必要で、維持費がかかります。

ダウンタイムはほとんどなく、肌の乾燥・発赤程度ですが稀に火傷のリスクがあります。

目元やフェイスラインの経度のたるみにはお勧めですが、中等度以上のたるみや、ほうれい線を明らかに改善させるほどの強い効果はありません。

スキンケア

ほうれい線クリーム

ほうれい線クリームというものが市販されています。

皮膚を保湿することにより、しわを改善するというものですが、深いシワは皮膚の深い部分(真皮)までダメージを追っているので、クリームだけでは皮膚の深い部分まで浸透せず、男性のくっきりしたほうれい線を薄くする効果は乏しいです。

ただし、皮膚に含まれる水分量が低下し、乾燥していると、シワができやすくなってしまいますので、保湿自体は非常に重要です。

つまり、ほうれい線を改善する目的で使うというよりは、シワの悪化予防目的に使います。

様々な成分が配合されているプレミアムな化粧品でなくても、薬局で売っている一般的な化粧水、乳液でも良いので、とにかくお肌をしっかり保湿することが重要です。

特に空気が乾燥している時期は入念に保湿してください。

日焼け止め

紫外線はお肌に大敵です。

紫外線を浴びることで、皮膚のコラーゲンが破壊されるので、しわが目立つ大きな要因になります。

しっかりと日焼け対策を行うことを意識しましょう。

UVクリームを塗るだけでなく、スポーツや仕事で屋外で活動することが多い方は、飲む日焼け止めも活用しましょう。

他にも、屋外に長時間いない、帽子をかぶる、日傘を使うなど、遮光することが挙げられます。

私はメンズ用の100%遮光できる日傘を使用しております。

詳しくは下記の記事で解説しています。

美顔器

家庭でスキンケアができる美顔器がたくさん発売されており、お気軽に家でほうれい線ケアができます。

ただし、あくまで家庭用の美容機器なので、クリニックで施術を受けられる医療機器と比べると、男性の強固なほうれい線を消すほどの効果はありません。

効果的にほうれい線を改善したいならば、美容クリニックで施術を受けるのがオススメです。

マッサージ

マッサージやエステサロンでの施術によって、スキンケアしているつもりでも逆効果だったというお声もあります。

皮膚を擦って摩擦したり、皮膚を伸ばしたりすることでシミが悪化したりたるみが悪化して老化に繋がっている場合もあるのです。

表情筋トレーニング

ほうれい線を消す表情筋トレーニングというものがみられることがありますが、やり方次第で逆に悪化することがあるので、注意が必要です。

顔の筋肉は、皮膚とくっついているので筋肉を動かしたときに皮膚も一緒に動きます。

これがいわゆる表情じわですが、筋肉を使いすぎたり、皮膚のコラーゲンが低下しているとしわが刻まれてしまいます。

栄養バランスの良い食生活

食生活は美容にとって非常に重要です。

不摂生は肌の老化を引き起こし、しわ・たるみの原因にもなりますので、1日3食適切な栄養バランスの良い食生活を心掛けましょう。

 

まとめ

         

30代のほうれい線治療についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

30代に入ってほうれい線が気になり始めたのであれば、早めにケアしてあげることをおすすめします。

ここでケアをしてあげるのか、はたまた見て見ぬふりをするのかでは、40代に入ったときのお顔の印象が大きく変わります。

過ぎてしまった時間は元には戻せないので、10年後に「あのときケアしておけば…」と後悔することのないように、自分のお肌と向き合っていくことが重要です。

ほうれい線をケアすることによって、見た目年齢は大きく変わりますので、お悩みの場合にはほうれい線治療専門クリニックである当院までぜひご相談ください。

まずは無料のカウンセリングがおすすめです。

ご来院せずとも、メールにてオンラインでカウンセリングを行うこともできます。

ご相談料金は無料です。お気軽にお問い合わせください。

関連リンク

ほうれい線について

ほうれい線の総合ページ(ほうれい線の改善方法)
ほうれい線の原因について
ほうれい線の予防法・セルフケア
ほうれい線の種類
ほうれい線にファンデーションがたまる場合について
深いほうれい線について
ほうれい線が何歳から気になるか?
男性のほうれい線について
鼻横のほうれい線のくぼみ
ほうれい線のえくぼについて
笑顔の時にできるほうれい線について
暗い場所・鏡で目立つほうれい線
ほうれい線の左右差について
20代の方向けのほうれい線対策
30代の方向けのほうれい線対策
40代の方向けのほうれい線対策
50代の方向けのほうれい線対策
ほうれい線治療にかかる治療費について
ほうれい線に効果のある食事について

グロースファクターについて

10分の注射で長期間効果が持続!グロースファクターとは?
何が違うの?ヒアルロン酸とグロースファクター
グロースファクター注入療法の危険性・リスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加