Q&A

予約・受診に関して

どうやって予約すればいいのでしょうか?

オンライン上で予約可能です。電話かメールで可能です。

予約の変更・キャンセルはどうしたら良いですか?

予約の変更・キャンセルについては前日までに下記の連絡先にご連絡下さい。

電話番号:06-4300-7705

メールアドレス:info@osaka-houreisen.jp

家族や友人と一緒に受診することは可能ですか?

はい、可能です。何人でご来院されるか事前にお伝え頂ければ助かります。

子供連れで受診しても大丈夫ですか?

一人で座っていられる年齢のお子様でしたら大丈夫です。

当院ではお子様をお預かりできる体制が整っておらず、施術時には針を使うため危険なためです。

住所を教えてもらえますか?

〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀3丁目-1-20LOIS GRAND靭公園901号室

です。

アクセスについてはこちらをご覧ください。

駐車場はありますか?

申し訳ございませんが、クリニック専用の駐車場はございません。

大変お手数ですが、コインパーキングをご利用ください。徒歩1分以内の場所に複数のコインパーキングがあります。

保険証は必要ですか?

当院では自由診療のみとなっておりますので、保険証の持参は不要です。

どのような支払い方法がありますか?

現金、クレジットカード(一括のみ)がご利用頂けます。

医療ローンは使用できますか?

申し訳ございませんが、当院では医療ローンは使用できません。

化粧したまま受診しても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。ただし麻酔クリームを使う場合に拭き取らなければならないため、その際は一旦拭き取らせていただきます。

洗顔スペースはありますか?

はい、あります。

妊娠中なのですが、施術を受けられますか?

大変申し訳ございませんが、胎児への万が一の影響を考えて妊娠中および妊娠の可能性が高い方については、当院では施術のご案内が出来かねます。

授乳中なのですが、施術を受けられますか?

ボトックスは母乳を介して乳幼児の発育に影響がないとは確立されていないため、授乳中は施術を受けることができません。

ヒアルロン酸は施術を受けることが可能です。

グロースファクターは基本的に母乳には影響がありませんが、もし万が一のことを考えて授乳が終わってから施術を受けることをオススメします。

ワクチン接種をするのですが、間隔を空ける必要はありますか?

ワクチン接種については当院で行っている施術について影響はありませんので、特に前後間隔を空ける必要はありません。

但し、ワクチン接種直後で体調が悪い場合は無理をせず体調が良くなってからお越しくださいませ。

診療料は幾らぐらいですか?

初診料・診察料ははかかりません。
ほうれい線治療の施術代金についてですが、
グロースファクターによるほうれい線治療は1回18万円です。
ほうれい線が深いと2,3回かかることもありますが、2回目以降は9万円以下で施術可能です(投与量が初回より少なくて済むため)。
ヒアルロン酸(ジュビダームビスタボリューマXC)であれば1本7万円です(1-2年持続)が、ほうれい線が深いと複数本必要となることもあります。

カウンセリングのみでの受診は可能ですか?

はい、もちろん可能です。
カウンセリングを聞いて頂いた上で当日施術を受けて頂くことも、そのまま持ち帰りで再検討して頂くことも可能です。

アトピーでも治療を受けられますか?

はい、受けられます。

グロースファクターについて

ほうれい線はまだ薄いのですが、グロースファクターの効果はありますか?

元々ほうれい線が薄いと、真顔では変化に乏しい可能性があります。
ただし、ほうれい線部位のコラーゲンが増えることで、皮膚にハリ・ツヤ出ることと、笑った時のシワの改善と、ほうれい線が深くなるのを予防する効果があります。
予防目的にグロースファクターを受けられる方も多いです。

冬頃にシミ取りを考えていますが、グロースファクターは受けられますか?

はい、可能です。ほうれい線部分にレーザー照射しなければ、いつでもしみ取りして頂いて構いません。
ほうれい線部分にしみがあってそこを取りたい場合は、グロースファクター注入後1ヶ月避けて頂けたらレーザー照射可能です。

グロースファクター単体のみの注入療法になりますか?
PRP+グロースファクターもある様で、医院によっては方法など違うと思うのでお伺いします。

はい、グロースファクター単体のみの注入となります。
PRPと成長因子系の製剤を混ぜて注射するとコラーゲンが異常に増えすぎて、しこりや膨らみすぎるリスクがあります。
膨らみすぎてコラーゲンを溶かすためにステロイドの注射を打ったり、それに伴って正常な組織まで凹んでしまい、凹凸のリスクがあったりするので、その組み合わせの施術を受けることはオススメしません。
なお、他院で取り扱いのあるグロースファクター施術は、薬理的な原理は似ているところがあるかもしれませんが、注射方法も含めて当院のものと同じではないかと思います。

昔からほうれい線のある顔ですが、何年か前から気になりだし、今ハイフに通ってます。4回やりましたが、あまり効果が見られずです。
グロースファクター治療に興味があります。
私の場合、シワというか、たるみのような気がするのですが、効果は出ますでしょうか?

ほうれい線治療でハイフを受けられているのであれば、確かに効果を感じにくいかと思います。
ハイフはどちらかというと改善というより予防効果がメインになります。
また、その予防効果も、持続させるためには、定期的に繰り返し受ける必要があります。
たるみについてですが、グロースファクターは頬のたるみをリフトアップする効果はありません。
たるみによって頬の脂肪の厚みがあることでほうれい線が深い方だとグロースファクターも1回では物足りなく感じ、2回,3回と注入する可能性はあります。

『皮膚のコラーゲンを増やす』とありますが、不安点として想定以上に増えてしまうことはないのでしょうか?
万一そうなってしまった時の処置方法が気になるのですが、教えていただけますか?

当院のグロースファクターは、皮膚のコラーゲンを適度に増やし、肌のハリを出すもので、膨らませるものではありません。
また、グロースファクターは液体のため、ダマになったり(ヒアルロン酸や脂肪注入など)せず、周囲と馴染みます。
どちらかと言うと、思ったよりも多少物足りない結果になることの方が多いです。
もし、膨らみすぎた組織を減らす方法としては、ケナコルトというステロイドの注射を行うことでコラーゲン組織を減らすことができます。
しかし正常組織まで減ってしまい凹凸が生じるリスクがあります。 

 

他院ではグロースファクター治療では効果の持続期間が半年~5年と幅があるようですが、貴院のグロースファクターでより長期間持つというのは何か大きな違いがあるのでしょうか。

当院では、通常1回の治療で、自然老化の影響はあるものの、年単位の効果があります。
もちろん10年単位でみれば、加齢や紫外線の影響などで多少の老化の進行はありますが、皮膚のコラーゲンを大幅に増やすことで、老化速度も低下できるので、10年後でも何もしない場合と比較して治療効果があります。
実は、「グロースファクター治療」という名前でもクリニックによって扱っている製剤や注入量、注射方法など詳しい内容は異なります。
どのクリニックも詳細を全て明かしているわけではないので、正確な内容違いをお答えするのは難しいですが、当院はしわ治療に特化したグロースファクターを用いて、1回の注射で良い状態に持っていけるような施術方法で治療を行っている結果、長期間持続されます。

他院でプラセンタを行った際に、今後献血や輸血は行えないと言われました。そちらの医院のグロースファクター治療についても同じ事が言えるのでしょうか?

献血や輸血については、プラセンタはヒト由来の製剤なので、未知のウイルスなどの感染のリスクがあるため、献血ができなくなりますが、当院のグロースファクターはヒト由来の製剤ではないので、そのようなデメリットはありません。

グロースファクター注射後、飲酒はいつからできますか?

施術後の飲酒が絶対にダメというわけではないのですが、施術後に内出血のリスクを減らすためには1週間程度は控えた方が良いです。

 

グロースファクター注射後、メイクはいつからできますか?

メイク・日焼け止め・洗顔は施術1時間後から可能となります。

 

グロースファクター注射後、HIFU(ハイフ)はいつからできますか?

施術から一ヶ月経てば、ほうれい線部分にもハイフ照射して大丈夫です。

目元など、ほうれい線と関係ない部位のみの照射であれば、間隔を空けなくても大丈夫です。

 

肌再生幹細胞治療と迷っていますが、どちらが良いですか?

肌再生幹細胞治療というと、線維芽細胞という肌のコラーゲンを増やす細胞を増やすという特徴があるかと思います。
これは、グロースファクターにも同じような効果があります(PRPという治療にもそのような効果があります)
クリニックによって同じ薬剤でも治療のプロトコルが異なり、違う薬剤であっても効果は手技によって異なります。
当院はほうれい線治療に特化しており、注射手技も他院様とは異なるかと思います。
結果、1回の施術で効果が期待できます。
最終的には症例写真や料金を見比べたり、いくつかのクリニックでカウンセリングを聞いてみて判断して頂ければと思います。
当院の症例写真はこちらでご覧いただけます。

ヒアルロン酸注射・脂肪注入・PRPの施術歴がありますが、グロースファクターを受けるためにはどれくらい空ければいいですか?

ヒアルロン酸が注入されている状態ですと、グロースファクターにとってヒアルロン酸が邪魔になってしまい、グロースファクターが皮膚にしっかりと効かず、効果が減弱する可能性があります。
なので、ヒアルロン酸が完全に吸収されるまで待つか、ヒアルロン酸が残っている場合はヒアルロニダーゼという溶解剤で溶かしてから施術をした方が良いです。
ヒアルロン酸がどのぐらいの時間持続するかは注入された製剤にもよります。
脂肪注入に関しては、グロースファクターに限らず、同一部位に他の注射を注入する場合、注入した脂肪が安定している6ヶ月以降に施術を行う方が良いです
これは注射された製剤との相互作用で脂肪の定着を阻害しないようにするためです。
PRPに関しては、グロースファクターと薬理的な作用が似ている部分があります。
どちらもコラーゲンを増やすという点が共通しております。
その二つが交わると、薬剤の相互作用で異常にコラーゲンが増えてしまい、しこりや肉芽の原因になることがあります。
そのため、PRPの施術歴がある方には、安全上、PRP施術歴から6ヶ月は空けてからグロースファクターを注入させて頂くようお願いしております。
もちろんグロースファクター単体で行う分には安全ですので、ご安心下さい。

ヒアルロン酸注入及び脂肪注入をしていますが、治療可能ですか。いずれも目に見えた効果は数日間しか得られませんでしたがグロースファクターでは改善するものなのでしょうか。

はい、治療可能です。
ヒアルロン酸注入や脂肪注入は直後が一番効果を感じられますが、腫れが引いてくると直後のイメージが分、物足りなく感じやすくなります。
いずれにせよ、吸収されて効果は次第に減少します。
脂肪注入は注入した脂肪が定着すれば、半永久的に効果が持つものの、ほうれい線は定着が悪い部位です。
一方、グロースファクターは徐々に効果が出てくる治療です。
3-6ヶ月かけて徐々に効果が出てきます。
ヒアルロン酸や脂肪注入はしわのあるところを膨らませてシワを目立たなくさせる治療ですが、グロースファクターはご自身の皮膚が本来持っている肌再生の能力を活性化させ、シワ改善を働きかける根本的な治療です(そのため持続時間が長いです)。
つまり、グロースファクターはヒアルロン酸などとはアプローチ方法が違う治療ですので、ヒアルロン酸や脂肪注入でイマイチだったという方には選択肢の一つとして考えていただきたいです。
但し、頬の厚み(たるみ、脂肪、筋肉)があったりすると、グロースファクターを打っても頬の厚みの影は残ったり、ほうれい線に溜まっているシミ・くすみは改善しないため、その場合は他院で行っているようなレーザー治療もオススメです。

ほうれい線がまだそこまで深くなく、少し気になるかな?程度なのですが、ヒアルロン酸だと持続が短いわりに量を入れると金額があがるためこちらの治療法が気になりました。少し気になる程度であればもう少し深くなってきたときにこちらの治療を受けた方がいいのか、今からしておいた方がいいのか教えてください。

仰る通り、ヒアルロン酸は持続時間がグロースファクターに比べて短く、頻回に注入しなければならないです。
そのため10年間でかかる費用を比べるとかなり差があります。
グロースファクターを注入するタイミングにおいて、早すぎるということはありません。
しかし、元々シワが薄い状態で注入すると真顔では変化に乏しい可能性があります。
その場合は、どちらかというと笑ったときのシワの改善がメインになると思います。
ただし、日常生活ではずっと真顔でいるわけではないので、動かした時のシワが減ることで、効果は実感できることが多いです。
また、ほうれい線悪化の予防効果があるので、ほうれい線予防目的に受けられる方も多いです。

一年ほど前に、目の窪みにfgf治療をしていただいて大変満足しました。そのクリニックでは、ほうれい線ではあまり症例があがってないようなので、今回貴院を知って受けてみたいと思い、メールさせていただきました。
質問なのですが、一度目施術していただいて、もう少し完成度をあげたい場合、二回目追加注入もあるのかなと。もしあるのであれば、二回目追加のときは、おいくらですか?グロースファクターとは、fgfのことですか?

当院では、グロースファクターという薬剤を用いて、皮膚のコラーゲンを増やすことで、安全かつ長期間効果を実感できるほうれい線治療を行っております。
ヒアルロン酸にも様々な種類があり、持続時間・仕上がり・値段が違うように、いわゆるコラーゲンを増やして若返りを図る治療には様々な種類があります。
他院でもグロースファクター、FGF、成長因子、PRPなど、様々な名前の治療があるかと思います。
当院のグロースファクターは他院のグロースファクターやFGF比較しても薬理的な原理として似ている部分がありますが、注射方法を含めて同じではないと思います。
同じような名前、効果を謳っていても、クリニックによって使用している薬剤が異なり、使用する薬剤の濃度・量・注射方法が異なり、結果として治療効果・治療頻度・持続期間・リスクなども異なります。
基本的に当院では1回の治療で長期間良い状態に持っていけることが多いですが、物足りない場合は2回目追加注入することも可能です。
その場合の費用は注入する範囲、量にも応じますが、初回の半額以下(9万円以下)のお値段で施術させていただいております。

頬こけの治療にグロースファクターはされないのですか?

頬のコケに対してはボリューム感を出す必要がありますので、こちらには当院ではヒアルロン酸注入を行っております。
他にも脂肪注入を行っているクリニックもあります。

ほうれい線も気になり出っ歯なのを引っ込めたくて歯科矯正しているのですが歯医者さんには口元が引っ込むとほうれい線が濃くなってしまう人もいると聞いております。矯正終了はまだまだ先そうなのですが今の状態でグロースファクターを入れるのと矯正が終わって口元が下がってからのほうれい線の状態を見ていただいてから入れるのとでは薬の量や位置が変わったりするのでしょうか?

グロースファクターの投与量は、シワの深さにより変わってきます。

そのため、矯正終了後の方が、矯正前よりも、グロースファクターの投与量が多くなることがあり得ます。
しかし、経験上は、矯正治療によりそれほど極端にシワが深くなることはないので、矯正前にグロースファクターを受けられても問題ないと思います。
仮に、グロースファクター後に矯正治療を受けられ、口元が下がることで最終的にシワが残った場合は、グロースファクターの追加投与により改善できます。
追加注入になった場合、9万円以下で施術を受けて頂けます。
追加注入の際は初回ほどの薬剤量が必要ではないため、初回に比べて格安になります。
程度により、注入量が変わるのでそれに伴い金額も変動しますが、9万円を超えることはありません。

歯科矯正中でも治療は可能ですか?

歯科矯正中の施術は可能です。
ただし、グロースファクター施術後3日程度は口を大きく開けすぎたり、笑いすぎたり、話しすぎたりすることは避けた方が良いです(ほうれい線部位に負荷がかかり続けると、注入したグロースファクターが流れて効果が減少する可能性があるためです)。

美容医療は経験がなく、効果と持続性、コスパで選ぶならどれだろうかと悩んでいます。
限られた費用で、効果が5年程度続くものはありますか?

ほうれい線治療において効果が5年~続くものとなると、選択肢は限られてきます。
ほうれい線治療といえばでヒアルロン酸が有名ですが、持続時間は長くて2年程度です。
5年以上持続するものとなれば、
①当院で行っているグロースファクター
②貴族手術(尾翼基部プロテーゼ)
③幹細胞移植治療
私の知る限りではこの3つです。
料金ですが、
①は18万円です。
②クリニックにもよりますが、40万以上はかかるかと思います。
③こちらは100万以上はかかってくるかと思います。
②は手術ですので効果は半永久ですが、長期間経過で見るとプロテーゼのズレや感染などのリスクが伴う点と、口角近くのほうれい線には効果が少ない点がネックです。
①と③は即効性はなく、じわじわと効果が出る(1カ月~)のと、元々のほうれい線が薄い場合無表情の時では効果が乏しくなる可能性がありますが、ほうれい線悪化予防効果があるので、予算の問題を考えると①がオススメだと思います。

施術日以外に通院は必要でしょうか?

通院は不要です。施術後、もし何か気になることがあれば、ご連絡いただければ幸いです。

ボトックスとグロスファクターの同時施術は可能でしょうか?

はい、大丈夫です。

鼻横の窪みが気になっています。グロースファクターで改善しますか?

鼻の横のくぼみは骨格や頬の厚みによる影響が強く、グロースファクターでも真っ平に段差をなくすほどは難しいですが、一定の改善はされます。

小鼻横のくぼみについて原因と有効な治療方法・対処方法

PRPを受けたばかりなのですが、グロースファクターは受けられますか?

PRPを受けたあとはグロースファクターは半年は間隔を空けてください。
半年間空けていただく理由としては、PRPとグロースファクターが相互反応して膨らみすぎやしこりなど思わぬ副作用を引き起こさないようにするためです。
当院のグロースファクターは安全性の高い薬剤ですが、他の薬剤と混ざると思わぬ副作用が発生する可能性がないとは限りません。

グロースファクターを受けた後は、PRPやヒアルロン酸を受けることはできなくなりますか?

グロースファクターを受けた後でも、半年経てば、ほうれい線部位へのヒアルロン酸含む他の注射の施術が可能となります。
もちろん再びグロースファクターを受けて頂いても大丈夫です。
尚、ほうれい線部位以外でしたら、間隔を空けずに注射を受けて頂いて大丈夫です。

 

ボトックスについて

ボトックスの説明に、しわ改善だけでなく艶、ハリのある額に見せられるとの記載があり、これは大変嬉しいことなのですが、ボトックスには筋肉の動きを抑制する以外の美肌効果があるということなのでしょうか⁇

はい、ボトックスには美肌効果もあります。
肌にハリ・ツヤが出て、表情じわだけでなく小じわ、毛穴も改善します。
ただし効果は一時的なもので、3,4ヶ月程度すると効果が切れてきますからボトックスに関しては定期的なメンテナンスが必要になります。