• ほうれい線

20代で既にほうれい線が目立っている人の原因と対策方法

著者:
西日本初ほうれい線治療専門クリニック 
大阪Houreisen美容皮膚科院長
笹川新也 ドクター紹介はこちら

 

当院はほうれい線治療専門クリニックで、ほうれい線が気になっている人が年齢問わず来院されます。

ほうれい線で悩む人がとても多いと感じていますが、中には20代の時点で悩みとなっている人もいます。

実際に目立っているひともいます。

20代の方は、通常は皮膚のたるみはありせんが、なぜほうれい線が目立つのでしょうか。

対策方法も含めて、ここでは解説していきたいと思います。

20代でほうれい線が目立つ原因

頬の厚み

20代の方は、どちらかと言えば、シワというよりは、「影」のことが多いです。

頬の脂肪量・筋肉量が多く、ふっくらしていると、高低差ができるため、ほうれい線上に影が差すことでほうれい線が深く見えます。

こういうパターンではほうれい線の下半分にはシワはないことが多いです。

鼻横の窪みが目立つことが多いです。

骨格

若い方で「ほうれい線が目立つ」という方は、遺伝的な骨格の問題だったりすることが多いです。

頬骨が出ていると、頬の厚みがそれほどないのに、頬の厚みが目立つようになります。

また、鼻横の骨が低いと鼻横の窪みが目立ちます。

20代のほうれい線への対策方法

グロースファクター  

グロースファクターとは皮膚を支える重要な組織である「コラーゲン」を増やす治療です。

コラーゲンが増えると、しわが改善します。

肌にハリ・ツヤが出てきて、皮膚の弾力性が増すので見た目が若返ります。

一度の注入で年単位の効果があります。

もちろん10年単位でみれば、加齢や紫外線の影響などで多少の老化の進行はありますが、皮膚のコラーゲンを大幅に増やすことで、老化速度も低下できるので、10年後でも何もしない場合と比較して治療効果があります。

ほうれい線治療の中でも安全性がかなり高い治療で、ダウンタイムはほとんどありません。

腫れ、内出血が直後に出るくらいです。

ただし、即効性はなく、3-6か月かけてじわじわと効果を発揮していきます。

グロースファクターの症例写真

グロースファクターを当院で受けられたモニター様をご紹介致します。

このように、鼻横の窪みが深かったり、頬の厚みがあってほうれい線が気になっている方でもグロースファクターで改善が見られます。

ヒアルロン酸

即効性があり、注入直後から効果を感じることができます。

ダウンタイムも少ないですが、注射の特性上腫れ・内出血・痛みがあります。

重篤なリスクに血流障害、アレルギー、感染が挙げられます。

私たちの身体の中に備わっているヒアルロ二ダーゼという酵素により分解、減少していくため、定期的な注入が必要です。

持続期間は数か月~2年ほどです。

スキンケア

ほうれい線クリーム

ほうれい線クリームというものが市販されています。

皮膚を保湿することにより、しわを改善するというものですが、深いシワは皮膚の深い部分(真皮)までダメージを追っているので、クリームだけでは皮膚の深い部分まで浸透せず、男性のくっきりしたほうれい線を薄くする効果は乏しいです。

ただし、皮膚に含まれる水分量が低下し、乾燥していると、シワができやすくなってしまいますので、保湿自体は非常に重要です。

つまり、ほうれい線を改善する目的で使うというよりは、シワの悪化予防目的に使います。

様々な成分が配合されているプレミアムな化粧品でなくても、薬局で売っている一般的な化粧水、乳液でも良いので、とにかくお肌をしっかり保湿することが重要です。

特に空気が乾燥している時期は入念に保湿してください。

日焼け止め

紫外線はお肌に大敵です。

紫外線を浴びることで、皮膚のコラーゲンが破壊されるので、しわが目立つ大きな要因になります。

しっかりと日焼け対策を行うことを意識しましょう。

UVクリームを塗るだけでなく、スポーツや仕事で屋外で活動することが多い方は、飲む日焼け止めも活用しましょう。

他にも、屋外に長時間いない、帽子をかぶる、日傘を使うなど、遮光することが挙げられます。

私はメンズ用の100%遮光できる日傘を使用しております。

詳しくは下記の記事で解説しています。

美顔器

家庭でスキンケアができる美顔器がたくさん発売されており、お気軽に家でほうれい線ケアができます。

ただし、あくまで家庭用の美容機器なので、クリニックで施術を受けられる医療機器と比べると、男性の強固なほうれい線を消すほどの効果はありません。

効果的にほうれい線を改善したいならば、美容クリニックで施術を受けるのがオススメです。

マッサージ

マッサージやエステサロンでの施術によって、スキンケアしているつもりでも逆効果だったというお声もあります。

皮膚を擦って摩擦したり、皮膚を伸ばしたりすることでシミが悪化したりたるみが悪化して老化に繋がっている場合もあるのです。

表情筋トレーニング

ほうれい線を消す表情筋トレーニングというものがみられることがありますが、やり方次第で逆に悪化することがあるので、注意が必要です。

顔の筋肉は、皮膚とくっついているので筋肉を動かしたときに皮膚も一緒に動きます。

これがいわゆる表情じわですが、筋肉を使いすぎたり、皮膚のコラーゲンが低下しているとしわが刻まれてしまいます。

栄養バランスの良い食生活

食生活は美容にとって非常に重要です。

不摂生は肌の老化を引き起こし、しわ・たるみの原因にもなりますので、1日3食適切な栄養バランスの良い食生活を心掛けましょう。

まとめ

今回は、20代ほうれい線の原因、治療方法を紹介しましたが、程度の軽い場合には、治療の前後で大きな変化がみられないこともあります。

しかし、予防としての効果も非常に高いので、若い世代でも気になる場合には早めの治療をおすすめします。

1回刻まれてしまったシワは化粧しても隠すことができず、放っておいても悪化する一方です。

紫外線・乾燥など肌のコラーゲンを低下させないよう、スキンケアも大事な要素ですが、

今あるほうれい線も、未来に出てくるかもしれないほうれい線も、グロースファクター治療で根本から治してみませんか?

自分のほうれい線にも効果があるのかなど、気になることは何でもお問い合わせください。

ご相談料金は無料です。ほうれい線で悩んでいる方、お気軽にお問い合わせください。

関連リンク

ほうれい線について

ほうれい線の総合ページ(ほうれい線の改善方法)
ほうれい線の原因について
ほうれい線の予防法・セルフケア
ほうれい線の種類
ほうれい線にファンデーションがたまる場合について
深いほうれい線について
ほうれい線が何歳から気になるか?
男性のほうれい線について
鼻横のほうれい線のくぼみ
ほうれい線のえくぼについて
笑顔の時にできるほうれい線について
暗い場所・鏡で目立つほうれい線
ほうれい線の左右差について
20代の方向けのほうれい線対策
30代の方向けのほうれい線対策
40代の方向けのほうれい線対策
50代の方向けのほうれい線対策
ほうれい線治療にかかる治療費について
ほうれい線に効果のある食事について

グロースファクターについて

10分の注射で長期間効果が持続!グロースファクターとは?
何が違うの?ヒアルロン酸とグロースファクター
グロースファクター注入療法の危険性・リスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加